補助金・助成金申請の流れ

補助金・助成金申請の流れ補助金・助成金申請の流れを下記にて解説しています。

特に、補助金については募集期間が短いものが多いので、早めに対応していくことが必要です。

 

補助金独特の言い回しがあり、難しい手続きのように思えますが、申請書を提出した後は、助成機関の担当者の指示に従っていれば、特に難しいと思える手続きはありません。

 

申請書作成

申請書を作成している段階で、事前に補助金の担当者と打ち合わせをしておくと提出がスムーズです。

2

申請書提出

提出期限後の提出は認められませんので注意してください。

審査までに聞き取り調査などがある場合もあります。

2

審査

書面による審査で採択される場合と、現地調査やプレゼンなどによるものもあります。

2

交付決定通知

補助金・助成金が交付されることが決定したという書面が届きます。

実際の事業の開始は、この交付決定日からになります。

2

事業実施

いよいよ補助事業を実施します。

証憑書類などはしっかり保存するようにしてください。

補助事業で大きな変更などがある場合は、担当者まで連絡してください。

2

事業終了

事業は必ず期間内に終了しなければなりません。

2

事業報告書作成

事業完了後、すぐに事業報告書の作成を行います。

2

事業報告書提出

事業報告書の書面を提出した後に、経理書類などや成果の確認検査があります。

2

確定通知書

報告書に不備等がない場合、補助金額が記入された確定通知書が郵送されてきます。

2

補助金請求書

確定通知書で決定した額を請求します。

2

補助金入金

請求書提出後、事務局で確認を行い、指定口座に入金されます。