補助対象経費を増やす方法とは?

補助対象経費とは

補助対象経費を増やすには補助対象の経費とは、補助金・助成金で出せる経費のことです。

事業に使う経費のうち、補助対象であるものと、補助対象でない経費があります。

例えば、「振込手数料は、補助対象ではない。」など、その補助金・助成金制度によって、細かい取り決めがあります。

 

補助対象経費を増やすコツ

実はこの補助対象経費を増やす裏技があります。

例えば、会社の規程等があることで、補助金・助成金から出せる経費があります。

 

もともと会社に規程がなければ、補助金・助成金のために新たに規程等を作ることもできます。

旅費を出すためには、旅費規程。人件費を出すには給与規程など、その根拠があれば補助金が出せることがあります。(事前に助成機関に確認してください)

 

また、事業に必要な経費で、理由書なりがあれば、補助対象の経費となる場合があります。
例えば、通常タクシー代などは、旅費とは認められず、補助対象経費にはなりえません。

しかし、交通機関がない等「どうしてもタクシーが必要」である旨の理由付けができれば、理由書などをつけることによってタクシー代も補助対象経費になることがあります。

但し、こういった場合は、もちろん事前に助成機関と協議する必要がありますので忘れないでください!!