事業の継続性、発展性はありますか?

補助金・助成金の継続性補助金・助成金を採択された事業は、一過性のものではなく継続して行われ、助成が終わっても事業の発展が見込めるものであるかが重要です。

 

本来、補助金・助成金は、アイディアはあるけど資金がない方のために、そのスタート時に行政や補助団体が手助けをして、事業を軌道にのせて社会全体の向上を図るという趣旨であると思います。

 

しかし、残念ながら補助金・助成金で行われた事業は、単年度で事業が終わってしまう一過性のものが非常に多いのが実情です。

 

助成機関の担当者もその辺はよくわかっていて、事業が継続していくものかどうかは非常に気になっています。

単年度で事業が終わってしまったら、「何のために補助金・助成金を出したかわからない」という事態に陥ってしまいます。

 

ですから、最初の段階で補助金・助成金が必要であるものの、その後は自立してやっていけるという事業計画書を作成する必要があります。