小規模事業者向けの使いやすい補助金が登場!

小規模事業者持続化補助金小規模事業者向けの、新しい補助金の登場です!

 

「小規模事業者持続化補助金」という名称ですが、

今までの補助金と比べて大変使いやすく、申請も難しくない補助金となっています。

 

概要は、小規模事業者が、商工会議所や商工会と一体となって、販路開拓に取り組む費用の2/3を助成するというものです。

補助上限額:50万円(雇用を増加させる取り組みについては、100万円が上限)

 

小規模事業者持続化補助金のポイント

さて、この補助金ですが、実は補助対象者が、小規模事業者限定というのがミソです。

 

要綱にも以下の文面があります。

従業員5人以下の小規模事業者を優先的に採択します。

 

今まで、国の中小企業施策では、中小企業向けという枠組みで補助金は出ていました。

今回の補助対象者は、中小企業の中でも、より規模の小さい小規模事業者に限定されています。

 

ちなみに、小規模事業者とは、以下のように定義されます。

製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む商工業者(会社および個人事業主)であり、常時使用する従業員の数が20人以下(卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業は除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)の事業者であること。

 

つまり、今回の補助金では、中小企業の中でも大きめの企業は対象外です。

今まで小規模事業者は、中規模の企業と補助金を申請する上で競合していたのですが、この補助金は小規模事業者専用の補助金なので、小規模事業者は補助金が取りやすいことにもなります。

 

申請書がカンタン

そして、要領を見てもらえばわかるように、なんと申請書はたった3枚です

今までの申請書と比べても格段に申請しやすいようになっています。

商工会議所と商工会の協力を得るということが条件ですが、これはかなり大きなチャンスですよ!

 

補助対象となり得る取組事例のイメージ

結構使える用途が多いのではないかと思います。

ネットショップを考えている方や、広告を使って販促をかけたい方にも最適です。

①販促用チラシの作成、配布
②販促用PR(マスコミ媒体での広告、ウェブサイトでの広告)
③商談会、見本市への出展
④店舗改装(小売店の陳列レイアウト改良、飲食店の店舗改修を含む)
⑤商品パッケージ(包装)の改良
⑥ネット販売システムの構築
⑦移動販売、出張販売
⑧新商品の開発
⑨景品、販促品の製造、調達 など

 

商店や飲食店で想定される取組例

①広告宣伝

・新たな顧客層の取込を狙ったチラシの作成

②集客力を高めるための店舗改装

・飲食店が和式トイレを様式に改造したり、座敷を掘りごたつにするなどより幅広い年代層の集客を図る

・パン屋が衛生面を強化するため、陳列してある商品の上にカバーを付け商品がホコリなどに触れない工夫を図る

③商品パッケージや包装紙・ラッピングの変更

・古くなった商品パッケージのデザインを一新

 

公募期間

平成26年2月27日(木)~平成26年5月27日(火)17:00必着

第1次締切は、平成26年3月28日(金)17:00締切

 

お問い合わせ

九州各県の商工会連合会が窓口になっています。

要綱や応募書類など詳しくは、下記の九州各県商工会連合会ホームページまで。

 

まずは、商工会地区から公募が始まり、商工会議所地区も順次公募が行われます。

 

 

button_001

 

 

記事が少しでもお役にたったと思われたら、励みになりますので「いいね!」を押していただけると嬉しいです!

 m(_ _)m よろしくお願いします!