事業の必要性がありますか?

補助金・助成金の調査事業に対するニーズが高く、目的が明確であるかは、審査の中で重要な選定要素となります。

 

市場ニーズや事業の目的については、「困っている人が多い」とか「社会が必要としている」といった漠然とした書き方をしている人が、非常に多いです。

 

しかし、ニーズについては、抽象的、情緒的なものではいけません。

具体的に、ターゲットはどういった市場で、どういったニーズがあるのか。

できれば、自分で市場調査をするとか、統計資料などを紐解いた上で、具体的な数字で表現できるのがベストです。

 

統計資料などは、インターネットで調べれば出てきますので、それを参考にしてみてください。

「客観的にこういう数字があるから、ニーズはこうである。」といったところを申請書に書いていく必要があります。

実際に自分で市場調査する場合は、母体も必ずしも多くなくて良く、それこそ何千人もの人に調査する必要はありません。

 

なお、統計資料を準備したり、市場調査を実際に行ったりすることが難しい場合は、当社で代行することもできますので、お気軽にお問い合わせください。