会計検査とは何ですか?

会計検査とは、会計検査院が、補助金が適正に支出されたかどうかを調査することです。

ここで、会計検査院とは、国会及び裁判所に属さず、内閣からも独立した憲法上の機関として、国や法律で定められた機関の会計を検査し、会計経理が正しく行われるように監督する機関です。

つまり、三権から独立した強い権限を持ち、補助金が適正に処理されたかを調査することができます。

 

会計検査について詳しくは ⇒会計検査の検査