補助金・助成金の返還をしなければならない場合とは、
一言でいうと、決められた用途以外に補助金・助成金を使った場合です。

私的流用や不正な支出はもちろん、補助金の目的外の支出も返還する必要があります。

補助金・助成金は、国民から徴収された税金などの貴重な財源でまかなわれるものであることから、公正かつ効率的に使用されるようになっています。
ですから、決められた用途以外には、補助金・助成金は使えません。

よく勘違いされる方が多いのですが、たとえ社会通念上正しいことに補助金・助成金を使ったとしても、それが決められた用途ではないと認定されれば、返還させられることもあります。

返還は、一旦もらった補助金・助成金を返還することです。
例えば事前着工分は助成対象にならないなど、あらかじめ補助金が出ない場合もあります。