補助金・助成金申請ガイド 事務局

補助金・助成金コンサル
リーフコンサルティング株式会社 代表取締役

赤坂 行広 (あかさか ゆきひろ)

 

行政書士、元商工会経営指導員
昭和48年長崎市生まれ。長崎大学経済学部経営学科卒業。
民間会社で3年半営業職を経験した後、長崎県内の商工会で経営指導員として12年間、中小企業の経営指導に従事。

会社URL:http://www.leaf-consulting.com

 

私のプロフィール(補助金・助成金との関わり)

私の前職は商工会指導員です。補助金・助成金の申請のお手伝いもしてきましたし、自らも助成機関として申請審査をしておりました。

補助金を助成する立場として

前職の長崎県商工会連合会では、中小企業基盤機構及び長崎県の基金を活用して実施する「長崎県農商工連携ファンド」の助成金担当者として、助成金募集や一般の方からの申請の相談、助成金申請書の審査業務を行ってきました。

また同事業では、助成機関として、補助金申請者への現地事前審査や、証憑書類の確認をする確定調査なども行っているため、経理処理等にも明るいと思います。

補助金を申請する立場として

前職の壱岐市商工会では、超難関といわれる補助率100%の国補助金(経済産業省 地域企業立地促進等補助事業 地域人材養成等支援事業)を申請、平成20年度に採択を受けました。

平成20年度~22年度は、3年間にわたり、同事業の補助金申請事務、補助事業の運営遂行を行っおり、経済産業省との折衝や、各種実績報告書の提出などの経験があります。

また、商工会の経営指導員として、12年間補助金申請に関わる事業計画作成にも数多く携わりました。

 

セールスポイント

補助金を審査する立場にあったことから、申請書はどのように書けばよいか、また、公的機関に身をおいた経験から、国や県などの施策や方向性、行政機関の補助金・助成金の考え方も踏まえた上ででどういった申請書、補助金の事業計画書が好まれるのかを理解しています。

実際に審査員に求められる「事業計画書」の作成コンサルティングができると考えています。
また、2度の会計検査に立ち会った経験から、経理処理の仕方、証憑書類関係についてもコンサルティングが可能です。